英検1級対策今週の2冊+α:試験まで残り6週間

英検

次の英検まであと6週間となった今時点の不安は以下の通りです。

パス単1級全体の8割を超えた今の実力で実際のテストでどれくらい通用するか
思い出しにくい単語の比率が多くなってきたので残された期間で覚えきれるか
他にも色々不安がありますが、まずは英検1級の単熟語問題25問についての不安です。

今週はこの不安を解消するために以下の2つに絞り込みました。

英検1級でる順パス単
英検1級過去6回全問題集

英検1級出る順パス単の理解度が8割程度なら、英検1級の単熟語問題25問に関してはこの2つを仕上げることで充分な対策になりそうだと実感しました。

プラスアルファ分としては英検HPに公開されている最新過去問です。

過去問2020年第一回(単熟語25問のみ)

今週の教材

今週の課題は以下の2つです。

英検1級でる順パス単
英検1級過去6回全問題集

パス単での単語確認はまだ終わってませんが思い出せる単熟語が全体の8割を超えてきたのと、思い出しにくい単熟語の定着にはまだまだ時間がかかりそうだと思ったので、このあたりで過去問でどれくらいできるのかを確かめてみようと思いました。

英検1級でる順パス単

8月29日時点では全2400単塾語の8割強にあたる2068単塾語まで進みました。

意味を思い出せない単語がだいぶ減ってきたので単語・意味だけ書き出してみましたが、覚えにく単語ばかりが並びかえって覚えにくいので単語を書き出すのはあまり効果がないことを改めて実感しました。

今回は、英語の友(アプリ)は音声は使わずに思い出せない単語リストとして使うことにします。

今回は以下の方式で意味を思い出せるように繰り返しました。

英語の友(アプリ)で覚えていない単語のみを抽出する
意味を思い出しながらパス単で確認する
意味があっていた場合、英語の友(アプリ)の単語にチェックを入れる
意味が間違っていた場合、例文を含めて単語の意味をイメージする

その他、移動時間などを始めとする隙間時間は、覚えていない単語を含む例文を聴き単語と例文の意味をイメージする練習をしました。

でる順パス単英検1級 文部科学省後援 (旺文社英検書) [ 旺文社 ]

価格:1,870円
(2020/7/5 03:13時点)
感想(16件)

‎英語の友 旺文社リスニングアプリ
‎◆「英検でる順パス単」シリーズなど、100冊以上の書籍音源が聴ける!◆ 「英語の友」は、旺文社刊行の資格試験対策書での学習をサポートするリスニングアプリです。 ◎ 英検、TOEIC、TOEFL、TEAP、IELTS…豊富な対応書籍 ◎ 語学学習に便利なリスニング機能が満載! ◎ 単語やスピーキングのテスト...

英検1級過去6回全問題集

2020.8.29時点で最新の2020年度版を使います。

単熟語の問題25問だけを解いてみると今の時点の力で正解できたのは全25問中17問でした。

過去問2020年第一回を解いた時点から復習が進んだためか偶然知ってる単語が多かったかは不明ですが、過去問2020年第一回を解いた時より正答率が高くなりました。

過去問2020年第一回を解いた時も思いましたが、パス単1級の単熟語の復習を続ければ英検1級の単熟語穴埋め問題25問の対策としては十分なのではないかと思うようになりました。

正解となる単語の意味を素早く思い出せれば、他の選択肢を無視できる
例文までチェックしておけば、空所前後の文脈から適語をはめ込む感覚が得られる
知らない単語が正解だとしても不正解の選択肢の中に知っている単語があれば、消去法で正解を導き出せる可能性が高まる

ということで、パス単1級で単熟語の復習を続けながら、過去問で練習し単熟語の復習とパス単1級でカバーしていない単語も覚えるようにします。

時間は気にせず単熟語問題25問を解く
答え合わせの後に解説と日本語訳を読む
パス単1級と辞書で知らない単語をチェックする

過去問対策としては英検HPで公開されている直近3回分の過去問が最も最新で必要十分ですが、英検1級過去6回全問題集(最新版)は以下の理由で選びました。

リスニング音源は期間限定ダウンロードできる
直近3回より以前の6回分の過去問
解説・日本語訳がついているので復習が捗る

2020年度版は2018年度版より価格は高くなりましたが、2018年版にはリスニング音声ダウンロードはなくリスニング音源が別売のCDだったことを考えると付加価値は十分だと思います。

2020年度版 英検1級 過去6回全問題集 [ 旺文社 ]

価格:2,970円
(2020/8/29 17:17時点)
感想(1件)

過去問2020年第一回(単熟語25問のみ)

英検HPのは直近3回分の過去問が公開されている中で最新の2020年第一回の過去問と解答を印刷して使います。

単熟語の問題25問だけを解いてみると今の時点の力で正解できたのは全25問中13問でした。

パス単1級の8割程度の理解度ではまだまだ力が足りない事が分かり、このパス単1級理解度8割というのも怪しいので復習の繰り返しが必要だなという感じです。

時間の余裕があるなら量をこなす上で英検HPで公開されている過去問で練習するのも良い方法ですよね。

英検HPで公開されている(無料)
過去問は直近3回の過去問なので最も新しい
解説や日本語訳はないので、復習には時間がかかる

まとめ

英検1級一次試験は10月11日なので試験までの残された期間は本日8月29日から43日となりました。

今の実力では実際のテストで通用しないことが明らかになりましたが、パス単1級の理解度が8割程度なら、単熟語25問に対する対策としては以下の教材で必要十分だということを実感しました。

英検1級でる順パス単
英検1級過去6回全問題集
これらの教材を使って以下のように対策します。
パス単1級の復習を続けて単熟語の意味定着度を高める
過去問で空所に適語を当てはめる練習をする

パス単の単熟語チェックばかりやっていると実際のテストで通用するのか不安になりますが、8割程度の理解度なら足りない部分は過去問を解くことで復習ができ、その結果で洗い出した知らない単語を覚えるきっかけにもなります。

パス単1級の定着度9割以上になってから過去問を解く練習をしようと思っていましたが、パス単1級の定着度8割くらいでも過去問の練習に入っても効果的だと思いました。

この記事を書いた人
タカハシエイゴ

★英語:英検準1級取得2018.2/TOEIC830
 英検準1級とTOEIC830点達成の道筋を発信
★仕事:理系・文系の仕事をこなす
 理系:生産技術、製造、研究
 文系:調達、契約、webマニュアル整備
 エクセル暦20年+
★ブログ:
 2011年から書き始め現在の形に至る
 HTML, CSSを独学で習得

タカハシエイゴをフォローする


英検
スポンサーリンク
英語とエクセルの毎日

コメント

タイトルとURLをコピーしました