条件に合うデータのカウント:COUNTIF

Excel

Excelで範囲を指定して抽出するとその範囲に何らかのデータがあれば抽出の対象になります。

そのデータが「ゼロ」だったとしても「ゼロ」のデータとして抽出されるので、抽出結果の集計には具合が悪いことがあります。

「ゼロ」を除いたデータを抽出したいときは条件付きの抽出をしましょう。

個数の集計(条件付き):COUNTIF

「ゼロ」を除いたデータを抽出したいときで抽出範囲のデータが正の値だとわかっている時は

COUNTIF(範囲,”>0″)

とします。

“>0″は抽出条件です。

こうすれば「ゼロ」と負のデータが除外されて「空白」のデータも除外されます。

個数の集計(条件なし)

条件なしの集計方法も確認しておきましょう。

COUNT

条件なしで数値データの個数をカウントする場合は

COUNT(範囲)

とします。

「ゼロ」であっても何らかの数値データが入っていれば個数として

COUNTA

条件なしで数字以外の文字が入力されているセルの個数をカウントする場合は

COUNTA(範囲)

とします。

「ゼロ」であっても何らかの数値データが入っていれば個数として

COUNTBLANK

条件なしで何もデータが入力されていないセルの個数をカウントする場合は

COUNTBLANK(範囲)

とします。

まとめ

 

 

 

この記事を書いた人
タカハシエイゴ

★英語:英検準1級取得2018.2/TOEIC830
 英検準1級とTOEIC830点達成の道筋を発信
★仕事:理系・文系の仕事をこなす
 理系:生産技術、製造、研究
 文系:調達、契約、webマニュアル整備
 エクセル暦20年+
★ブログ:
 2011年から書き始め現在の形に至る
 HTML, CSSを独学で習得

タカハシエイゴをフォローする


Excel
スポンサーリンク
英語とエクセルの毎日

コメント

タイトルとURLをコピーしました