iPhoneで撮った写真の位置情報を削除する方法

ブログ

iPhoneで撮影した写真をそのままツイッターに投稿するとその写真を撮影した場所を第三者が特定出来てしまうので、多くの人は写真の位置情報を伏せたいのではないでしょうか。

iPhoneで撮った写真をツイッターに投稿する前に写真の位置情報を削除したい

iPhoneで撮った写真はツイッターに投稿する前に以下のいづれかの方法で写真の位置情報を外すまたは外してあることを確認しましょう。

そもそも写真に位置情報を残さない様に写真を撮る前にiPhone自体の設定をしておく
コレドコをiPhoneにインストールして写真の位置情報を削除する
‎Koredoko
‎Where was the picture taken? Koredokoは、iOSデバイス内の写真の撮影位置を表示するAppです。 - ジオタグが埋め込まれている写真の場所を地図上に表示します。 - 緯度と経度を表示します。 - 日付時刻を表示します。 - 横表示時には絞りなどの撮影情報を表示します。 - 標準...

iPhoneで撮影した写真の位置情報

iPhoneで写真を撮る場合、事前に位置情報に関するiPhoneの設定をしていないと位置情報が写真に残ります。

この機能は旅行等で写真を撮る場合はその写真をどこで撮ったのかを写真自体から割り出せるので便利な機能と考えられます。

しかし、自宅や近所や職場などで撮った写真にその写真を撮った場所が特定され個人まで特定される可能性もあるのでそのリスクを考えるとツイッターに投稿する写真から位置情報を削除した方が良いです。

iPhoneの設定をしてから写真を撮る

[設定] > [プライバシー] > [位置サービス]の順でタップし表示される画面で[位置サービス]をオフにします。

これでそのiPhoneに含まれるカメラを含むすべてのアプリの位置サービスがオフになり、その後iPhoneで撮影した写真には位置情報が含まれないようになります。

位置情報はオンにしておいてカメラだけ位置情報を許可しないという設定もできますが、位置情報をオンにするとバッテリー消費量が多くなるのと個々のアプリの設定だと煩雑なので、私の場合は潔く上記のように全ての位置サービスはオフにしています。

コレドコで位置情報を削除

投稿しようとしている写真に位置情報が含まれていないことを確認します。

この記事では「コレドコ」でやる方法をまとめました。

‎Koredoko
‎Where was the picture taken? Koredokoは、iOSデバイス内の写真の撮影位置を表示するAppです。 - ジオタグが埋め込まれている写真の場所を地図上に表示します。 - 緯度と経度を表示します。 - 日付時刻を表示します。 - 横表示時には絞りなどの撮影情報を表示します。 - 標準...
アプリを起動した際に表示される選択肢から[今すぐ拡張機能を有効にする]をタップします。拡張機能を有効にすることで位置情報の削除などができるようになります。
アプリを起動し画面左下の[≡]をタップするとカメラロールが開くのでそこから目的の写真を探します。
写真の横に[N/A]と表示されていれば位置情報を含まない写真なのですが、緯度・経緯が表示される写真には位置情報が含まれています。
その写真の位置情報を消したければ写真情報の右横に表示される[i]をタップした後にその写真の情報詳細の画面の右上の[□↑]をタップします。
その後表示される選択肢の中から[詳細情報を削除して共有]をタップし位置情報を外した状態の写真を共有します。

まとめ

アプリで写真の位置情報を削除して共有する方法も便利ですが、位置情報をのせたくない写真を撮る場合は写真を撮る前にiPhoneの設定でそもそも写真に位置情報を保存しない状態で撮影するのが一番確実で簡単です。

とはいえ旅行先で撮る写真は、もし自分自身が次に同じ場所に行きたいかもしれないとか他の人にもその場所を共有したいとかの意味であれば有効なのも事実です。

今回の記事で紹介した方法とその効果を理解して状況に応じて使い分けることをお勧めします。

この記事を書いた人
タカハシエイゴ

★英語:英検準1級取得2018.2/TOEIC830
 英検準1級とTOEIC830点達成の道筋を発信
★仕事:理系・文系の仕事をこなす
 理系:生産技術、製造、研究
 文系:調達、契約、webマニュアル整備
 エクセル暦20年+
★ブログ:
 2011年から書き始め現在の形に至る
 HTML, CSSを独学で習得

タカハシエイゴをフォローする


ブログ
スポンサーリンク
英語とエクセルの毎日

コメント

タイトルとURLをコピーしました